電気自動車でECO

電気自動車おすすめ車種トヨタ

トヨタは、豊田佐吉により創業された、名実ともに世界一のメーカーへの道を歩んでいます。
トヨタの車種といえば、トヨタの最上級ミニバンアルファード、5ナンバーサイズのFFミニバンノア、ワンボックスの代名詞ハイエース、世界初の量産ハイブリッドカープリウス、トヨタが誇る最高級セダンセルシオ、トヨタの伝統的車種クラウン、SUVの草分けハリアー、モダンで個性的なルックスアリスト、ミディアムクラスのミニバンアイシス、人気者マークIIの後継車マークX、などがあります。

  • 「ヴィッツ」⇒上質コンパクトカー
  • 「ウィッシュ」⇒3列シート、7人乗りミニバン
  • 「アルテッツァ」⇒2リッタースポーツセダン
  • 「シエンタ」⇒3列シートのハイトワゴン
  • 「ランドクルーザー」⇒乗用プレミアムワゴン
  • 「ヴォクシー」⇒ライトエースノアの後継車
  • 「ソアラ」⇒トヨタが誇る高級ハイソカー
  • 「カローラ」⇒140カ国で販売、日本の代表車
  • 「セリカ」⇒日本初のスペシャリティーカー
  • 「イプサム」⇒5ナンバーサイズ新タイプミニバン

電気自動車おすすめ車種日産

「技術の日産」は今でも健在です。
日産は、カルロス・ゴーンの手腕によって見事に復活を遂げ、コンパクトカーを中心としてヒット作を続々と生み出しています。
日産の車種といえば、走りのイメージを持つ車グロリア、日産を代表するサルーンセドリック、スライディングルーフが特徴的フィガロ、日産の最上級1BOXエルグランド、日産を代表する高級サルーンシーマ、コンパクトでハイトなワゴンキューブ、2ドアクーペのスペシャリティシルビア、スクエアなプロポーションが自慢マーチ、高いドライビングパフォーマンスムラーノ、日産のライト級SUVエクストレイル、などがあります。

  • 「180SX」シルビア通称S13型の兄弟車
  • 「フーガ」日産が誇るラグジュアリーセダン
  • 「プレサージュ」ティアナのプラットフォームを採用
  • 「フェアレディZ」02年7月に5代目がデビュー
  • 「ティーダ」5ドアのハッチバック車

電気自動車おすすめ車種ホンダ

ホンダイズムを世界にアピール!!
ホンダは、本田宗一郎によって創業され、いつの時代にもスポーティなモデルをリリースし続けています。
ホンダの車種といえば、マイナーチェンジごとに進化するNSX、ホンダの名スポーツカーS2000、ホンダブランド発売のOEM車ステージア、コンパクトステーションワゴンエアウェイブ、ほどよいサイズのボディが人気ストリーム、02年カー.オブ.ザ.イヤー受賞車アコード、FFベースのスポーツモデルインテグラ、オープンボディで登場した小型車バモス、大柄なボディを採用インスパイア、ホンダの最上級セダンレジェンド、などがあります。

  • 「エディックス」扱いやすいショートボディー
  • 「CR-V」ホンダ自社開発のSUV
  • 「オデッセイ」使い勝手も優れているヒット車
  • 「ステップワゴン」ホンダのドル箱車種
  • 「シビック」ホンダの世界戦略モデル車

電気自動車おすすめ車種三菱

自動車産業の礎を作った、三菱自動車。
三菱は、日本における量産乗用車の先駆け的存在、独自の理念と技術をベースに乗用車・トラック・バスの生産・販売を行っています。
三菱の車種といえば、ラリーに縁の深いモデルランサー、マニアックな支持を獲得ジープ、老若男女が知っている車パジェロ、アメリカ現地専用車として開発エクリプス、走りは豪快かつ爽快パジェロミニ、ギャランよりもひとクラス上ディアマンテ、誰が乗っても似合うクルマEKワゴン、ダイムラークライスラーと共同開発コルト、などがあります。

電気自動車おすすめ車種マツダ

マツダ自動車「Zoom-Zoom」スピリッツ
マツダのアイデンティティでもあるロータリーエンジン。
40年以上を経た今もなお脈々と受け継がれ、走る楽しさと喜びを思う存分味わえる製品を数多くリリースしています。
マツダの車種といえば、手頃なスポーツカーロードスター、駆動方式は全グレードFRRX-8、マルチ.パーパス.ヴィークルな車MPV、親しまれるマツダの主力車種ファミリア、初代モデルが大人気モデルデミオ、 7人乗りミニバンの先駆車プレマシー、ファミリアの後継モデルアクセラ、ミドルクラスのスポーツセダンランティス、「楽しいスニーカー」がコンセプトキャロル、カペラに変わって誕生クロノス、新型コンパクトカーベリーサ、などがあります。


2010年5月には国内登録車販売台数でハイブリッド車の比率が12%を占めました。
ほとんどがトヨタの「プリウス」とホンダの「インサイト」です。
最初の「プリウス」が発売されてから12年が経ち、日本の乗用車市場はハイブリッド車と軽自動車が主役の時代になりました。

こうして主役となる工業製品が生まれてその産業が変化していくことは大切です。
自ら開発した新製品を通して社会を変革していくのは、製造業の王道であるといえるでしょう。

Menu


ECO News


Link

在宅でのお仕事情報はこちら
国内最大級!クラウドソーシングのクラウディア!
http://www.craudia.com/
i2iポイントでお小遣い稼ぎ
空いた時間に簡単お小遣い稼ぎ!業界最高水準の還元率!
http://point.i2i.jp/
ペット火葬を東京で行うなら水鈴舎
お別れからご収骨まで全て見届けて頂ける様、ペット訪問火葬車を導入致しております。
http://www.suireisha-petceremony.com/
無料のなのに当たる占い!
当たる占い!幸運を引き寄せるヒントを知ろう!
http://uranai-cattleya.org/

一括見積で太陽光発電比較